青崎FC
U15青崎FC > ブログ > U-13山口遠征2日目

U-13山口遠征2日目

U-13山口遠征2日目

 

長門スポーツ公園 人口芝サッカー場

とても良い施設でサッカーをさせて頂きました。

 

今日も11人ギリギリ・・・。

トレマッチといえど、相手はすべてU-14チームとの3試合。

しかも、県外のチームで、広島のスタイルとは違う、中々味わえないタイプのチーム。

色んな事が、試される3試合でした。

こんな願ってもない経験が出来るのが、県外遠征の醍醐味なのだとあらためて思いました。

 

まずは、お誘い頂いたプラシアFCさんに感謝です。

 

本日の1試合目は、CLUB東福岡さん。

2年前のU-12の全国大会で対戦した縁で、今年U-12がCLUB東福岡さんの大会に呼んで頂き、

逆に来週のU-12青崎サッカー親善大会にご参加頂く、U-14チームと対戦させて頂きました。

上手い・早い・強い、文句なしの好チーム。

是非、U-14でも対戦してみたいと思いました。

 

2試合目は、プラシアFCさん

3試合目は、ヴェルスリアンさん

 

3チームとも、ボール保持を大事にしながら、たくさんの選手が関わって、ショートパスで相手を崩しきって、

最後はシュートで終わる、それをやりきれるチームでした。

うち以外とするときは、お互いがそれをやりあい、ボールを持った方がゴール前まで攻め込む、

見応えのある攻防を展開する、そんな試合をされていました。

広島では良く見かける、中盤でのルーズボールのヘディング合戦というシーンは皆無で、

自陣ゴール前で跳ね返すところも、まず蹴りません。

20m~30mのミドルパスも、ほとんどボールを宙に浮かせる事なく、サッカーをします。

良いとか悪いとかではく、サッカーへのこだわりが良く表れていると感じました。

 

で、うちの話ですが・・・

Uー13チームで、どこまでできるか?

なんとか食らいつきたいところなんですが・・・

相手との体格の違いに気後れしたのか?

立ち上がりから、半分くらいの選手のやる気が全く感じられず、

審判をしながら、厳しい言葉を掛けざるおえない状況に・・・。

 

確かに、相手は好チームでした。

相手からすると、本気を出すシーンはほとんどなかったと思います。

 

でも、

その要因は、相手の良さというより、すべてこちらの問題でした。

 

同じ選手が何度も同じミスを繰り返す。

改善なく、これを全員が繰り返す。

3試合ともでした。

で、

最初の何度かひっかける事が出来るオフサイドトラップが、

対応され始めると、それだけが攻防の生命線となり、

残念ですけど、中盤のプレスで奪えると良いのですが、

そこを掻い潜られると、オフサイドになるか?ならないか?だけで試合してました。

 

前夜のミーティングでも色々と話をしたのですが、

それを意識しながら行動していた選手は何人いたかな・・・?

自分達の甘さや、足りないところがはっきりと浮彫になった1日だったと私は感じたのですが、

そう思った選手は何人いたかな?

 

今のU-13チーム全体の意識を、

いち早くもっと高いところに変える事が出来る、中心にいる選手が何人かいます。

 

要は、チームを引っ張っていく事が出来る選手たちなのですが。

 

その選手たちの意識が変わらないと、現状を変えるのは難しいです。

 

 

試合の前後は、元気良いのですが、試合でやられ始めると消極的になる。

他の選手のミスには厳しいですが、自分のミスには甘いし・・・。

 

サッカーの行動を変えようと思うなら、サッカー以外の行動から変える。

 

自らが進んで、「良い行動の習慣化」

これがテーマです。

 

現状は、

厳しいようですが・・・

 

良い行動から、逃げる・避ける選手が見えてきてます。

チームの荷物を運ぶ・ゴールを運ぶ・グランド整備・自分達が使った場所の清掃など・・・

率先してやる選手と、そうでない選手がはっきりしてます。

やらないだけなら、まだしも、ふざける・茶化す・・・

「残念な行動の習慣化」が進んでる、中心選手がいます。

 

さて、どうなるでしょうか?

 

今回の遠征を生かすも殺すも、自分です。

やるのは、自分だぞ。

サッカーではなく、行動の部分で、U-12の時は出来ていた事が、

何を思ってか勘違いして、出来なくなっている選手がいます。

いきなり難しい事ではなく、簡単に変えれるところから変えていきましょう!

期待しているぞ!

 

 

遠い所、送迎頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

厳しい事を書かせて頂きましたが、悪い事ではありません。

今の現状も、成長の為の必要な経験だと確信しています。

悪い方へだけ進んでしまう選手はいません。子供たちを信じて、大丈夫です。

良い方向へと変わっていく選手達を、楽しみにして頂ければと存じます。

引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

 

以上、U-13の遠征の報告させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。